左から山田和雄氏、嶋谷昌美氏、滝波宏文氏

 第25回参院選が7月4日公示され、福井選挙区(改選数1)は共産党新人で野党統一候補の山田和雄氏(51)、諸派新人で政治団体「NHKから国民を守る党」の嶋谷昌美氏(48)、自民党現職で経済産業政務官の滝波宏文氏(47)の3氏が立候補した。21日の投開票に向け17日間の選挙戦がスタートした。

⇒福井選挙区の情勢さらに詳しく(D刊)

 立候補の受け付けは4日午前8時半から福井県庁正庁で行われ、届け出順が決まった。

 3年前の前回と同じく、与党候補に野党統一候補が挑む構図が中心となる。憲法改正や北陸新幹線の早期整備、原発をはじめとしたエネルギー政策に関する政策論争に注目が集まる。

関連記事