化粧品など約350点の押収品=福井県警敦賀署提供

 福井県敦賀市内のドラッグストアで大量に万引したとして、県警敦賀署は7月3日、窃盗の疑いでベトナム国籍、住所不定無職の女(27)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は3月27日午後6時10分ごろから同45分ごろまでの間、氏名不詳の男女2人と共謀し、市内のドラッグストアで化粧品など121点(販売価格計41万9679円)を万引した疑い。同署は5月23日に逮捕した。

 さらに、同日午後5時15分ごろから同6時25分ごろまでの間、市内の別のドラッグストアで氏名不詳の男5人と共謀し、化粧品など58点(販売価格計19万4697円)を万引した疑いで、6月12日に再逮捕した。

 同署によると、防犯カメラの映像や指紋から容疑が分かった。犯行から数日後、ドラッグストアの駐車場に止まっていた女らの乗用車から、盗まれた化粧品など約350点を押収した。車が故障したため車を捨てて逃げた、と供述しているという。「共犯者からお金がもらえるから盗んだ」とも話しており、同署は他店でも犯行に及んでいるとみて捜査を進めている。

 女は千葉県君津市内の量販店で化粧品など55点(販売価格計15万8170円)を盗んだとして、4月9日に千葉県警君津署に逮捕されていた。

 福井地検敦賀支部は3日、窃盗罪で起訴した。

関連記事