丸岡バスターミナルのイメージ

 福井県坂井市役所丸岡支所東側で2020年4月にリニューアルオープンを予定する丸岡バスターミナル(同市丸岡町西瓜屋)について、坂井市は併設する「にぎわい交流施設」の飲食テナントの募集を始めた。2区画あり、7月末まで受け付ける。ターミナル前には芝生広場と屋根付き回廊も設けられる。

⇒福井県坂井市のニュースを詳しく

 老朽化に伴う改修。待合所のみだった既存のバスターミナルに交流、販売機能を加えて再整備する。近くには国宝指定を目指す丸岡城天守があり、丸岡城に向かうまち歩きの拠点、玄関口としても位置付ける考え。

 にぎわい交流施設は木造2階建て、延べ床面積は約500平方メートル。飲食テナントは1階に入り、他に待合室やキッズスペース、ギャラリーなどが設けられる。2階は多目的ホールとし、丸岡城を望むこともできる。

 テナントは広さ18・21平方メートルを1区画とし、それを2区画用意。2区画を合わせて使う提案でもよい。共用の客席は広さ約82平方メートル。8月に書類による1次選考、プレゼンテーションとヒアリングによる2次審査を行い、事業者を選定する。

 エントリーシートや収支計画書、提案資料など必要書類を坂井市企画情報課まで郵送するか持参する。7月31日午後5時必着。問い合わせは同課=電話0776(50)3013(平日のみ)

関連記事