南北軍事境界線がある板門店で握手するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=6月30日(ロイター=共同)

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月30日、南北軍事境界線がある板門店で会談し、トランプ氏は現職の米大統領として初めて北朝鮮側に越境した。板門店には韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領も同行した。会談後、トランプ氏は数週間内に非核化の米朝実務協議を再開すると明らかにした。会談はトランプ氏の呼び掛けで電撃的に実現した。米朝首脳会談は3回目。

 トランプ氏は現在も休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)以来の敵国にあえて入ることで事態を打開し、再選を狙う来年の大統領選を前に外交成果にしたい考えとみられる。北朝鮮側は実質的な非核化措置を一切取っておらず融和先行を懸念する声も出そうだ。会談に応じた金氏には、制裁緩和への手掛かりとする思惑がありそうだ。

 トランプ氏は会談後、記者団に対北朝鮮制裁を「維持する」と述べる一方、今後の交渉の進展次第で制裁を見直す可能性があると表明。また北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射を問題視しない考えを重ねて示した。

 会談に先立ち、文氏と共に軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)を視察。境界線の韓国側で金氏の訪問を待ち構え、金氏に促される形で北朝鮮側に入って握手した。すぐに金氏を伴って韓国側へ戻り「自由の家」で1時間弱会談した。

 トランプ氏が29日にツイッターで会談を呼び掛けたことについて、金氏は「とても驚いた。私たちの素晴らしい関係がなければ、このような対面をたった1日で電撃的に実現することはできなかった」と語った。トランプ氏は金氏との友好関係を強調し「歴史的な日だ」と話した。米メディアによると、トランプ氏は金氏をホワイトハウスに、金氏はトランプ氏を平壌に招待した。

 米朝首脳は昨年6月のシンガポールでの初会談で、新たな米朝関係樹立や朝鮮半島の平和体制構築、朝鮮半島の完全非核化を進めることで合意。今年2月のハノイでの会談で北朝鮮側は寧辺の核施設廃棄と引き換えに広範な制裁解除を提案したが、米側は完全非核化を求めて応じず、物別れに終わった。

 トランプ氏は29日、大阪での20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を終え、韓国を訪問。文氏と会談した。

関連記事