一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)の外観イメージ

 北陸新幹線の福井県内開業時の観光誘客に向け、福井県は福井市の一乗谷朝倉氏遺跡の価値と魅力を発信する博物館の建築・展示工事に着手する。新幹線開業の半年前に当たる2022年10月の開館を目指す。

 「日本最大の戦国城下町『一乗谷ミュージアム』化推進事業」として6月補正予算案に9544万円を計上した。総事業費は、一乗谷朝倉氏遺跡資料館や埋蔵文化財調査センターの改修・活用を含め約49億8千万円。

 県文化課によると、現資料館そばの約1万平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造り2階建ての博物館(延べ床面積約5200平方メートル)と駐車場を整備する。外観は切り妻屋根の土蔵が5棟並んだ見た目で、緑豊かな周辺景観と調和するようにライトグレーの色合いとする。

 館内には、戦国期に川湊があったことを示す石敷遺構の現物をそのまま露出展示する。戦国城下町の町並みや当時の人々の営みを再現した巨大ジオラマを設置するほか、朝倉館を原寸で再現し、当時の行事などを体験できるようにする。カフェレストランやショップなども設ける予定。

関連記事