貨物船と衝突し、損傷した海上自衛隊の掃海艇「のとじま」=27日午前5時30分ごろ、広島県尾道市高根島沖(尾道海上保安部提供)

 27日午前0時ごろ、広島県尾道市の高根島の北東約1・5キロの瀬戸内海で、海上自衛隊の掃海艇「のとじま」(乗員41人)と貨物船(乗員5人)が衝突した。けが人はおらず、油の流出や沈没の危険はないという。海上保安庁が詳しい状況を調べている。

 海自によると、のとじまの船体右後方と、貨物船の船首付近にそれぞれ損傷がある。のとじまは京都府舞鶴市にある第44掃海隊の所属で、広島県の海自呉基地に向けて航行中だった。

関連記事