福井県産食材にこだわった「福井らーめん かたいけの」=福井県福井市中央1丁目の五目亭駅前店

 飲食店経営の五目亭(本社福井県福井市新保北1丁目、五十嵐忠和社長)は、福井の食材をふんだんに使った「福井らーめん かたいけの」を商品化した。

 具材に越前水菜や越のルビー、福井県産ネギを使用。国産の純けいと煮干しから取ったスープで、あっさりとした優しい味わいに仕上げた。味付けに使っているしょうゆや塩も福井県産のものをベースにしているという。

 食物繊維や鉄分、ビタミンを多く含み、カロリーが控えめな小麦の表皮部分「ふすま」入りの麺を使用。うま味調味料や添加物は加えていない。商品名に使った「かたい」は福井弁で「元気」「健康」の意味で、名前の通り食べることで健康になってもらいたいとの思いをこめた。

 「ソースカツ丼やおろしそばのように福井を代表するグルメにしたいと思い、開発した。県内のお客さんにも福井の味を再発見してもらいたい」と五十嵐淳専務。主力商品の五目ラーメンと並ぶ看板商品にしたい考えだ。

⇒福井の新規オープン店をチェック(D刊)

 五目亭駅前店(福井市中央1丁目)で提供している。価格は750円(税別)。

関連記事