令和初の台風になる見通しの熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから、6月27日午前9時時点)

 沖縄の南を進む熱帯低気圧は発達を続け、6月27日朝までに令和初の台風になる見通し。昼から夜にかけて九州南部や四国、紀伊半島に接近・上陸する恐れがあり、福井県には27日深夜から28日朝にかけ最も近づくとみられる。

 気象庁は26日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。台風は28日にかけて東海や関東の太平洋沿岸に沿って進むとみられる。

 28~29日に20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれる大阪では熱帯低気圧から変わる台風の接近で雨や風が強まる27日夜~28日朝、交通に影響が出る可能性がある。28日の日中や29日は曇りや雨になる見通し。

 熱帯低気圧は27日午前9時現在、奄美大島から東約70キロの地点を時速45キロで北北東に進んでいる。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。風速25メートル以上の暴風域、同15メートル以上の強風域はない。同日午後9時ごろには室戸岬の南東約40kmの地点に到達するとみられる。

 西日本太平洋側では27日夜にかけ雷を伴った非常に激しい雨が降りそうだ。東日本では28日にかけて大雨になる恐れがある。

 27日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で四国300ミリ、九州南部250ミリ、沖縄、奄美、中国150ミリ、九州北部、近畿120ミリ、東海100ミリ。その後の24時間は東海200~300ミリ、近畿100~200ミリ、四国、中国、関東甲信100~150ミリと見込まれている。

 

関連記事