顧問を務める中学サッカー部の1年男子生徒に「校庭を100周走れ」と指示して体罰を加えたとして、千葉県教育委員会は26日、同県柏市立中の男性教諭(32)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。生徒は75周を走ったところで体調を崩し、病院で熱中症の疑いと診断された。

 県教委によると、教諭は5月25日午後0時5分ごろ、前日のテストでカンニングをした生徒への罰として、最初は1周200メートルのトラックを、途中から同400メートルの外周を走るよう指示した。10周ごとに水分を取らせたが、約3時間後、75周走ったところでふらついたり座り込んだりした。

関連記事