熱帯低気圧の予想進路(26日21時現在)

 大雨・洪水警戒レベルの5段階区分

 沖縄・南大東島の西南西を進む熱帯低気圧は発達を続け、27日朝までに令和初の台風になる見通し。昼から夜にかけて九州南部や四国、紀伊半島に接近・上陸する恐れがあり、気象庁は26日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。台風は28日にかけて東海や関東の太平洋沿岸に沿って進むとみられる。

 28〜29日に20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれる大阪では熱帯低気圧から変わる台風の接近で雨や風が強まる27日夜〜28日朝、交通に影響が出る可能性がある。28日の日中や29日は曇りや雨になる見通し。

関連記事