25日、米ニューヨークで講演するFRBのパウエル議長(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は25日、ニューヨークで講演し、「金融緩和の必要性が高まっている」としつつも「個々の指標や短期的な市場心理の変動に過剰反応すべきでない」と述べ、市場の過度な利下げ期待をけん制した。

 FRBは19日の連邦公開市場委員会(FOMC)後に、金融政策を緩和方向に転換する方針を表明。パウエル氏は25日、「景気拡大を維持するため適切に行動する。今後入る情報を注視する」と改めて語り、米中首脳会談や経済指標を見た上で、7月末の利下げの是非を最終判断する考えを示した。

関連記事