【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=107円13〜23銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1361〜71ドル、121円82〜92銭だった。

 米金利の低下傾向を受け、日米金利差の縮小が意識され円買いドル売りが優勢となった。米利下げ期待が高まる中で、セントルイス連邦準備銀行のブラード総裁が「0・50%の利下げはやり過ぎだ」と述べ、ドルが買い戻される場面もあった。

関連記事