福井県坂井市の県道交差点で6月21日に起きたひき逃げ事件で、県警坂井署は25日、市内の高校1年生女子(16)が乗っていた自転車に接触した車の女性を特定し、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(救護義務違反、事故不申告)の疑いで任意で取り調べた。容疑が固まり次第、書類送検する方針。女性は容疑を認めている。

 同署によると、21日午後4時20分ごろ、坂井市丸岡町今町の信号のない県道交差点で、東進してきた車が自転車に乗って南進していた女子高校生に接触、高校生は転倒して左足を擦りむくけがを負った。運転していた女性は車を降りて「大丈夫か」と声を掛けたが、救護措置を取らずに現場を離れた。

 同署は女子高校生の情報などから女性を特定。証拠隠滅や逃走の恐れがないとして任意で取り調べている。

関連記事