山形県鶴岡市の「佐久間利兵エ観光農園」でサクランボ狩りを楽しむ女性たち=25日

 山形県鶴岡市では震度6弱を観測した18日の地震の影響により、旬を迎えたサクランボ狩りのキャンセルが相次いだ。ただ、発生から1週間となる25日にはにぎわいを徐々に取り戻している施設も出てきた。

 鶴岡市の「佐久間利兵エ観光農園」では、地震直後の19日には100人以上からキャンセルの連絡があった。だが、地震発生から最初の週末となった22、23両日には県内外から約300人が訪れ、サクランボ狩りを楽しんだ。

 農園を経営する佐久間利兵衛さん(55)は「例年よりお客さんが多い。被害も無いのでぜひ訪れて」とアピールした。

関連記事