左まぶたの表面に、直径1ミリ弱の「ぶつぶつ」(突起物)ができました。かゆみも痛みもありませんが最近、近くにもう一つできたのに気づき、見た目も心配になってきました。このままにしても問題ないのか、きれいにする方法はないのか、教えてください。(福井県福井市、50代男性)

【お答えします】福井県済生会病院 長谷川義典・皮膚科主任部長

■角質がたまったもの 健康に悪影響はなし

 この「ぶつぶつ」の正体は、稗粒腫(はいりゅうしゅ)(「ひりゅうしゅ」とも)と呼ばれるものです。うぶ毛の毛穴などにできた小さな袋状のできもので、角質という皮膚の「あか」の成分がたまったものです。

 質問にもあるように、通常は痛みもかゆみもなく、白っぽい1~2ミリぐらいの大きさで、複数生じることが多いです。小さな子どもにもできることがありますが、その場合は自然に取れることもあります。男性より女性にできることが多いようです。大人ですと自然に取れることは少ないように思われます。

 良性のもので、そのままにしておいても特に害はなく、健康への悪影響はありません。気になるだけの存在で、放置していても差し支えはありません。

 できやすい場所は顔で、目の周りが一番多く、次いで額、頬です。できる数は数個から数十個と個人差があります。特に原因がなくてもできることがありますが、こすったり、湿疹を繰り返したりする場所や擦り傷、やけどの跡などにできることもあります。その理由としては皮膚の表面が壊れて小さな毛穴や汗の管などがふさがり、小さな袋状になり、皮膚の角質がたまっていくものと考えられます。

■中身を押し出す処置で除去可能

 特に気にならない人は治療不要ですが、どうしても気になって取りたいという場合は、取ることが可能です。大げさな手術は必要なく、目立つものを、注射針で小さな排せつ孔を開け、ピンセットなどで圧迫し中身を押し出します。つまむ感じでつねられたような痛みはありますが、そうたいしたことはありません。わずかに出血しますが、すぐに止まるので小さなばんそうこうを貼るぐらいです。出血が目立たなければ何も貼らずに帰ることもできます。傷跡が残ることはないと考えてよいと思います。処置には健康保険が適用されます。

 ただし、繰り返しできることが多く、徐々に数が増えることもあり、気になったらまた取ってもらうことになります。気軽に皮膚科に相談し、希望があれば取ってもらうとよいでしょう。
 

関連記事