サッカー女子W杯フランス大会 PKを決め、喜ぶ米国のラピノー(右端)=24日、ランス(ゲッティ=共同)

 【レンヌ(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第17日は24日、各地で決勝トーナメント1回戦2試合が行われ、前回覇者の米国とスウェーデンが準々決勝進出を決めた。

 米国はラピノーがPKで2点を決めてスペインを2―1で下して第1回から8大会連続、スウェーデンはカナダに1―0で競り勝って3大会連続でベスト8入りした。

関連記事