越前町内の5温泉の成分を基に作られた入浴剤セット「越前の湯」=福井県越前町厨の越前温泉露天風呂漁火

 福井県の越前町観光連盟は、町内に五つある温泉の成分を基に作った入浴剤セット「越前の湯」の販売を始めた。使い切りの粉末入浴剤が5種類入っており、日替わりで各温泉を巡る気分を味わえる。

 町は、5温泉を総称して「越前温泉」としてのブランド化を目指している。ブランディングの一環で、同連盟が入浴剤セットを商品化した。

 町内には五つの温泉が湧き出ており、越前海岸沿いに「玉川温泉」「厨温泉」「南部温泉」、越前陶芸村内に「花みずき温泉」、朝日地区に「糸生温泉」がある。越前海岸沿いの3温泉は美人の湯として知られ、花みずき温泉は肌に優しいナトリウム炭酸水素塩泉。糸生温泉はアルカリ性単純温泉で、柔らかい肌触りが持ち味だ。

 「越前の湯」には、5温泉の粉末入浴剤が一つずつ入っている。一袋の分量は入浴1回分の25グラム。長野県の企業に製造を委託し、各温泉の分析値を基に炭酸水素ナトリウムなどの成分を配合した。パッケージは5種類の温泉別に色分けされており、共通して町特産の越前がにと越前水仙のイラストをあしらった。

 同連盟は土産や自宅用の需要を見込む。担当者は「若い女性にも手に取ってもらいやすいパッケージに仕上がった。ぜひ土産に買い求めてほしい」と話している。1セット千円(税別)。道の駅越前アンテナショップで販売している。問い合わせは同連盟=電話0778(37)1234。

関連記事