政府は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)など沖縄の米軍施設の移設・返還に絡み、返還後の跡地の利用方法を検討する懇談会の初会合を東京都内で開いた。委員からは「沖縄を世界一のエンターテインメントとスポーツの島にしては」といった提案や、産業の集積拠点にすべきだとの意見が出た。一方、街づくりの手法について「地元に丁寧な説明が必要だ」との注文も付いた。

 委員は、沖縄の映画祭に携わる吉本興業の大崎洋会長や建築家、科学技術の専門家ら5人。普天間飛行場のほか、米軍牧港補給地区(浦添市)と米軍那覇港湾施設(那覇市)を対象に議論した。

関連記事