兵庫県佐用町の中国自動車道でタンクローリーが奪われた事件で、容疑者の男が現場の約7キロ先でタンクローリーを放置した後、中国道上で別のトラックを奪って乗り換え大阪方面へ逃げた疑いがあることが20日、捜査関係者への取材で分かった。男は乗り換えた際、トラックを運転していた男性を乗せたまま逃走したとみられる。男性は途中で解放され無事。

 最初の事件から約2時間20分後の20日午前3時半ごろ、大阪府吹田市で通行人が殴られる事件が発生。府警が暴行の疑いで30代の男を現行犯逮捕した。捜査関係者によると、男はタンクローリー強奪への関与をほのめかしており、県警が調べている。

関連記事