漫画『銀魂』完結記念のキャンペーンサイト (C)空知英秋/集英社

 『週刊少年ジャンプ』『少年ジャンプGIGA』と掲載誌を移しながらも最終回を迎えられず、漫画アプリ『銀魂公式アプリ』で連載していた漫画『銀魂』(作者:空知英秋氏)が、20日に配信された第704話「天然パーマにロクな奴はいない」でついに完結した。59ページのボリュームで掲載されており、3度の完結の告知、最終話の配信延期(※17日配信予定)など紆余曲折を経て、空知氏の初連載が約15年半の歴史に幕を下ろした。

【画像】本当に完結…『銀魂』最終話の冒頭ページ

 同作は、昨年9月に『週刊少年ジャンプ』で完結する予定だったができず、掲載誌を移して、12月より完結に向けて『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』で連載していた。しかし、今年3月にまたも完結できないことが発表され「完結できず申し訳ありません」と謝罪。銀時が土下座している姿が描かれた担当編集のお詫びページが掲載され、異例の事態が話題に。その後、5月13日より再び完結に向けて『銀魂公式アプリ』で連載を再開させた。

 今月17日に「最終訓」と題した第3回目“最終話”が配信される予定だったが、14日に「少年ジャンプ編集部」の公式ツイッターで20日に延期されることが発表され、「楽しみにされていた読者の皆様 度重なる延期大変申し訳ありません」と空知氏の謝罪コメントが掲載。「現在6月13日木曜深夜、銀魂最終回ついに完成しました」「20日まで待ってください。今回はガチで終わります!」と20日に配信される物語で完結すると説明。そして、「配信の方は3日ほどのび木曜辺りになるようです。度重なる最終回詐欺そして単行本・キャラブック発売延期にいたるまで、悪事に手を染めすぎて3日延期がマシに見え始めている僕はもう週間漫画家としては再起不能です」と今までの経緯について謝罪していた。

 最終回は、虚による混乱も収束に向かう中、かぶき町の人々、万事屋の姿が描かれており、15年半に渡る連載を締めくくるストーリーが59ページのボリュームで掲載。最後に「15年間のご愛読大変ありがとうございました!!」と書かれている。

 また、完結を記念して、【ホントにホントでホントの完結記念!「元気魂」キャンペーン】を開催することが発表され、8月2日に発売されるコミックス最終77巻とラストファンブックとなる「広侍苑」を盛り上げていくと告知。

 同キャンペーンは、公式サイト「銀魂どっとこむ」にてスタート。「終わる終わる詐欺」と言われ、本当に連載がいつ終わるのかが誰にもわからなかったため、まったく盛り上げてもらえなかったことに危機感を覚えた万事屋メンバーと歴代担当編集が、読者からの感謝コメントを募集。特設ページを設置し、ツイッター上でハッシュタグ集計によるコメント集計を行い、寄せられたコメントは、コミックス77巻とファンブック「広侍苑」の発売の際に、感謝のきもちを伝える新聞広告掲出を予定している。

 新聞広告については、担当編集・万事屋一同から「そんなこんなで最終回 最後の予算を振り絞って 感謝の新聞広告やります」と説明しており、寄せられたメッセージは「可能な限り、空知先生へ届けます」としている。

 今回の完結にネット上では「完結おめでとうございます!長い間描き続けてくださった空知先生には感謝しかありません」「大好きな銀魂の最後が読めてとっても幸せです!」などと名作に出会えたことへの感謝の気持ちを伝えた声があがっている。

 2003年12月8日から連載がスタートした『銀魂』は、架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八・神楽ら仲間たちとともにさまざまな事件を解決する活劇物語。SF時代劇の世界観でコメディータッチに描かれており、コミックスは、74巻までの累計発行部数は5500万部を突破。

 06年4月からテレビ東京系でアニメを放送開始し、11年4月~12年3月まで第2期、15年4月から2016年3月まで第3期、18年1月から10月まで第4期を放送。俳優・小栗旬主演で実写映画『銀魂』が17年に公開され、その年の邦画No.1となる興行収入38億円を突破し、続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』も公開された。

 作者の空知氏は、02年に『週刊少年ジャンプ』の『第71回天下一漫画賞』応募作『だんでらいおん』で佳作を受賞し、同年同誌42号(02年9月14日発売)に掲載。03年に同誌17号(03年3月25日発売)にて『しろくろ』を発表し、そして、同誌04年2号から初連載作品となる『銀魂』をスタートし、現在に至る。

関連記事