麻生財務相兼金融相の問責決議案提出などについて記者団に説明する立憲民主党の芝博一参院国対委員長=20日午前、国会

 立憲民主、国民民主、共産、沖縄の風の野党4会派は20日、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書受け取りを拒否した麻生太郎財務相兼金融担当相の問責決議案を参院に提出した。日本維新の会を加えた5会派は金子原二郎参院予算委員長の解任決議案を提出。参院議院運営委員会理事会は、両決議案を21日の本会議で採決すると決定した。与党の反対多数で否決される見込み。立民などは20日午後、麻生氏の不信任決議案を衆院に提出した。

 公明党の北側一雄副代表は記者会見で、問責決議案について「粛々と否決する。麻生氏はしっかりと職務に当たっている」と述べた。

関連記事