台湾の民進党公認候補に決まり、あいさつする蔡英文総統=19日、台北市(民進党提供・共同)

 【台北共同】台湾の与党、民主進歩党(民進党)は19日、蔡英文総統を来年1月の総統選の党公認候補と正式に決定した。蔡氏は今月実施された党内予備選で頼清徳前行政院長(首相)を破って勝利していた。最大野党、国民党は7月の予備選で党公認候補を決める。

 蔡氏はあいさつで「予備選が終了し(党の)団結を図る時が来た」と述べ、党内融和を訴えた。また「総統選に勝利した後の最重要任務はわれわれの主権を強固にすることだ」と強調、台湾統一圧力を強める中国の習近平指導部に対抗、対中国融和路線の国民党との違いを改めて打ち出した。

関連記事