財政制度等審議会の榊原定征会長(左)から建議を受け取る麻生財務相=19日午後、財務省

 有識者でつくる財政制度等審議会は19日、財政運営に関する建議(意見書)を麻生太郎財務相に提出した。令和は「将来世代へのつけ回しに歯止めをかける時代にしなければならない」と借金依存からの脱却を訴え、一層の高齢化を見据え「社会保障の負担見直しと給付の伸びの抑制が不可欠だ」と改革を求めた。昨年5月の建議は私的年金での自助努力や、公的年金の支給開始年齢を一律に引き上げる検討を促していたが、今回これらは盛り込まなかった。

 老後に必要な資産を試算した金融審議会の報告書に野党の批判が集まる中、年金先細りを示唆する表現は避け、安倍政権への配慮がにじんだ。

関連記事