踏切で乗用車と衝突し、先頭車両が脱線した小田急線の車両=19日午後4時18分、神奈川県厚木市(共同通信社ヘリから)

 19日午後2時50分ごろ、神奈川県厚木市船子の小田急小田原線の踏切で、新宿発小田原行き快速急行(10両編成)が、立ち往生していた乗用車と衝突し、先頭車両が脱線した。

 厚木署や小田急電鉄によると、現場は本厚木―愛甲石田間の踏切で、乗用車は遮断機が下りたため出られなくなったとみられる。乗用車の女性(28)が車外に出て踏切の非常ボタンを押したが、間に合わなかったという。乗用車は衝突で大破した。女性は無事だった。

 厚木市消防本部によると、乗客3人を搬送。1人は軽傷で、2人は体調不良を訴えているという。

 運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣した。

関連記事