大分市は18日、建築界のノーベル賞といわれ、優れた建築家に贈られる米プリツカー賞を受賞した同市出身の磯崎新さん(87)に、名誉市民の称号を贈ると発表した。6月定例市議会に称号を贈るための議案を提出する。

 日本国内での代表作の一つとして大分市内の大分県立大分図書館(現アートプラザ)があり、佐藤樹一郎市長は「街の魅力になっており、世界中から建築を学ぶ学生も訪れている」と話した。

 磯崎さんは先鋭的なデザインで世界の第一線で活躍。フランスのベルサイユ宮殿で5月に開かれたプリツカー賞の授賞式に出席した。

関連記事