アパートの企画・管理を手掛けるTATERU(タテル)が銀行融資の審査書類を改ざんしていた問題を巡り、国土交通省が宅地建物取引業法に基づき、同社に業務停止命令を出す方針を固めたことが17日、分かった。

 国交省関東地方整備局はタテルに対し、21日にさいたま市で聴聞を実施する。その上で、業務停止の範囲や期間など、処分の内容を検討する。

 国交省によると、タテルは遅くとも2015年7月から18年7月ごろにわたり、東京都や大阪府、兵庫県、福岡県など10都府県の336件の宅地に絡み、営業部長や部長代理を中心とする計31人が書類を改ざんした。

関連記事