男子サーブル団体で3位になり、喜ぶ徳南(左から3人目)ら日本=千葉ポートアリーナ

 フェンシングのアジア選手権第5日は17日、千葉ポートアリーナで団体2種目が行われ、男子サーブルの日本(吉田、ストリーツ、徳南、島村)は3位決定戦で中国を45―39で破り、銅メダルを獲得した。

 世界ランキング12位の日本はニュージーランド、クウェートを下したが、準決勝は同1位で優勝した韓国に37―45で敗れた。

 女子エペの日本(馬場、大石、吉村、佐藤)はベトナム、台湾に勝ったが、準決勝は中国に、3位決定戦で香港に敗れた。優勝は韓国。

 2020年東京五輪出場枠は来年4月までの国際大会の成績で決まり、今大会も対象となる。

関連記事