2020年東京五輪聖火ランナー募集の流れ

 2020年東京五輪の聖火リレーのランナー募集が17日に始まった。スポンサーである日本コカ・コーラが先陣を切り、同日午前0時にスマートフォン用アプリを使った一般の募集を開始した。トヨタ自動車、日本生命保険、NTTは24日から、47都道府県の実行委員会は7月1日から受け付ける。いずれも締め切りは8月31日。当選者には12月以降に通知される。

 日本コカ・コーラのアプリを使った応募には同社の対象商品にあるマークをスキャンするか、対応する自動販売機で商品を購入しポイントを得る必要があり、商業色の濃いキャンペーンとなる。応募時に12歳以上であることが条件。

関連記事