夏本番を前に、玩具花火がずらりと並ぶ店内=6月13日、福井県福井市のアラキ玩具花火店

 夏本番を目前に、福井県福井市のアラキ玩具花火店で色とりどりの花火が棚いっぱいに並び、販売が本格化している。

 店は本業の造花装飾の傍ら、花火好きが高じて50年ほど前から扱い始めたという。徐々に商品を増やし、人気の手持ち花火をはじめ、ナイアガラやパラシュート花火など約100種類をそろえている。

 それぞれの特長を把握し、どれを買うか迷う人に予算や好みを聞いてアドバイス、点火の仕方まで説明する。

 店では「打ち上げ式の玩具花火をきらきらした目で楽しんでいる子どもたちを見るとうれしくなります。くれぐれも火の後始末に気をつけてください」と話していた。

関連記事