衆参同日選について、講演で「総理自身まだ決めていないと思う」と語る岸田文雄氏=6月14日、福井県福井市の福井パレスホテル

 自民党の岸田文雄政調会長は6月14日、福井県福井市内のホテルで講演した。安倍晋三首相が衆参同日選に踏み切るかどうかについて「おそらく総理自身まだ決めていないと思う。だから、いかなる事態にも備えなければならない。これが基本だ」と含みを持たせた。

 その上で「マスコミは盛んに(同日選を)あおってきたが、先週ぐらいからその雰囲気が収まってきている。ただ最後に判断するのは総理であり、今現在、正解は世の中に存在しない。決して気持ちを緩めることなく、まずは参院選にしっかり取り組まなければならない」と述べた。

 参院選福井選挙区(改選数1)で再選を目指す自民公認の滝波宏文氏(47)については「大変有能で地元福井に対する強い思いを持っている素晴らしい人材だ。お力添えをお願いしたい」と述べた。

 岸田氏は、自身の福井後援会総会に出席するため来県した。

⇒参院選の情報さらに詳しく(D刊)

関連記事