国際サッカー連盟(FIFA)は14日、最新の世界ランキングを発表し、日本は26位から28位に後退した。アジア勢最上位のイランは一つ上がって20位、韓国が37位、オーストラリアは43位となった。

 1〜4位のベルギー、フランス、ブラジル、イングランドは変わらず、欧州ネーションズリーグを制したポルトガルが5位に浮上した。(共同)

関連記事