「FUKUI Athleets Night Games」に出場を予定している青木益未選手(中央)=4月

 福井陸上競技協会(福井陸協)による、クラウドファンディング「ミラカナ」のプロジェクト「福井発!アスリートのために、新たな形の陸上競技会を開催!」は6月13日、「ネクストゴール」として定めた目標金額400万円に到達した。ミラカナプロジェクトで過去最高の達成金額。支援は7月12日まで募っている。

【支援はこちら】福井発!アスリートのために、新たな形の陸上競技会を開催!

 国内トップアスリートを招き、選手と観客が一体となって盛り上がる競技会「FUKUI Athleets Night Games」を福井県福井市の9.98スタジアムで初開催、陸上界の発展につなげるプロジェクト。リターンとしてフィールド内観戦できるID、招待選手のサインなどを用意している。

 ミラカナで5月10日に資金募集を開始し、5月21日に第一目標の150万円に到達した。その後も「こういう陸上大会を待ち望んでいました」「日本人初の9秒台が出た競技場が熱く盛り上がることを楽しみにしています」と応援の輪が広がった。

 招待選手は男子100メートルの飯塚翔太選手(ミズノ)や女子100メートルの市川華菜選手(ミズノ)らを予定。さらに男子100メートルの長田拓也選手(富士通)、女子110メートル障害の青木益未選手(七十七銀行)らを追加発表している。

⇒ミラカナ最新ニュースはこちら

関連記事