実況見分に立ち会う旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(中央)=13日午前、東京都豊島区

 東京・池袋の母子死亡事故の実況見分が行われる現場で手を合わせる警視庁の捜査員ら=13日午前

 東京・池袋で乗用車が暴走し、母子がはねられ死亡した事故で、警視庁は13日、乗用車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を立ち会わせ、現場で実況見分した。事故後、飯塚元院長が立ち会うのは初めてで、警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、飯塚元院長はこれまでの任意聴取に「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」などと説明。実況見分ではブレーキが利かなくなったとする地点や、母子の姿を確認したタイミングなどを聞き取る。

 警視庁は、ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性が高いとみている。

関連記事