福井県観光客入り込み数(推計)の推移

 2018年の福井県内観光客まとめによると、入り込み数(実人数)は前年比5・7%増の1696万9千人だった。実人数の調査を始めた平成以降、最高となった。主要観光地で入り込み数(延べ人数)が100万人以上だったのは、東尋坊(坂井市)と福井県立恐竜博物館・かつやま恐竜の森(勝山市)、武生中央公園(越前市)の3カ所で1カ所増えた。観光消費額も4・5%増の1313億円で最高だった。県が6月11日発表した。

 1600万人台は北陸新幹線金沢開業効果で大幅に増加した16年以降、3年連続。

 入り込み数の内訳は、県内客が前年比11・0%増の885万4千人。県外客は0・5%増の811万5千人だった。全体のうち日帰り客は1372万8千人、宿泊客は324万1千人となっている。

 県内主要観光地の入り込み数は、東尋坊が135万4千人で0・7%増と横ばいながら1位をキープ。2位は福井県立恐竜博物館・かつやま恐竜の森で、18年公開の映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」とのタイアップ効果などで10・3%増と大きく伸びた。3位の武生中央公園は、17年夏にオープンしただるまちゃん広場が家族連れに人気で、初めて100万人を超えた。それ以外は大雪に伴う外出控えなどで減少した観光地が多かった。

 四季別の入り込み状況をみると、福井国体・全国障害者スポーツ大会が開かれた秋(9~11月)が17・4%増と大幅に伸びた。福井県観光誘客課は「県内全市町で国体・障スポの競技が行われたことや、県内全域で展開した幕末明治福井150年博の効果で伸びたのではないか」とみている。

 県外客を出発地別にみると関西が339万人でトップ。中京201万8千人、北陸119万8千人、関東76万人と続いた。関東からの入り込み数が4・3%増で最も伸びており、その要因について同課は「上野駅や大宮駅など、首都圏でのプロモーションを継続したことで増えたのでは」としている。

関連記事