福井県警福井署

 福井県福井市二の宮4丁目の市道交差点で、自転車に乗った同市内の小学6年男児(12)が右肘やあごの骨を折るなどの重傷を負い、県警福井署がひき逃げとみて捜査していた事故について同署は6月11日、自転車の単独事故だったと発表した。

 事故は6月10日午後5時45分ごろ、信号機のない交差点で発生。同署は、車が自転車に接触し転倒した可能性があるとの通報を受けて捜査していた。

 同署によると、事故現場近くに止まっていた車のドライブレコーダーの映像で当時の状況を確認したところ、車と衝突していなかったことが判明した。

 レコーダーには自転車の児童が交差点の中央付近で転ぶ様子が映っていた。

関連記事