クラウドファンディングで制作費の一部を調達する映像監督の糸曽賢志さん=10日午後、東京都港区

 映像監督の糸曽賢志さん(41)は10日、今年12月に全国で公開する劇場アニメの制作費の一部を、ソニー銀行の投資型クラウドファンディングで調達すると発表した。1口5万円で計4千万円の応募を目指す。ソニー銀行によると、国内の映画制作でクラウドファンディングを活用するのは珍しいという。

 宮崎駿監督に従事したことがある糸曽さんが手掛けるのは「サンタ・カンパニー」。クリスマスが嫌いな少女が、大勢のサンタクロースが属する会社に入り、変化していく様子を描く。2014年に自主制作したアニメを撮り直し、10月の完成を計画している。

 ソニー銀行は20日から出資者を募る。

関連記事