荒川沿いを幻想的に乱舞するゲンジボタルの光跡=6月6日午後8時50分ごろ、福井県永平寺町松岡吉野(ISO800、絞りF5.6で約30秒間露光)

 福井県内の清流や河原でホタルが飛び交う季節となり、永平寺町松岡吉野の荒川では6月6日夜、無数の黄緑色の光が川面をゆらゆらと覆う幻想的な光景が見られた。

 午後7時半ごろからゲンジボタルが出現。徐々に数が増え、同8時すぎにピークを迎えた。見物に来た約30人は「きれーい」「あそこで光った」などと歓声を上げた。

 両親と訪れた福井市の女児(6)は「毎年見に来ている。きょうもたくさん飛んでいて、8匹も見られた」とうれしそうに話していた。地元住民によると、6月中旬まで見ることができる。

関連記事