静岡県南伊豆町の沿岸で見つかり、近くの船着き場に運ばれた船。中から大量の覚醒剤が押収された=5日午前

 静岡県の下田沖で密輸されたとみられる覚醒剤約1トン(末端価格約600億円相当)が押収された事件で、船内にあった覚醒剤は約2キロずつ袋に小分けされていたことが5日、警視庁への取材で分かった。

 海上で積み荷を受け渡す「瀬取り」と呼ばれる方法で密輸されたとみられ、過去にこの海域で行われた密輸では、香港から運ばれたとの情報がある。警視庁などは最多押収量となった覚醒剤密輸ルートの解明を進める。

 警視庁によると、船には約2キロの覚醒剤が入った袋が500袋ほど積み重ねられていた。

 警視庁などは覚せい剤取締法違反容疑で、運んでいた20〜40代の中国籍の男7人を逮捕した。

関連記事