現場を調べる捜査員=6月4日午後9時35分ごろ、福井県鯖江市二丁掛町

 6月4日午後7時10分ごろ、福井県鯖江市二丁掛町の住宅に男が侵入し、80代女性の頭などを殴り、けがを負わせて逃走する傷害事件が田園が広がる静かな集落で起きた。犯人は逃走中とあって、近所の住民は「まさかこんな所で」「犯人が捕まらないと眠れない」などと驚きや不安の声を漏らしていた。

⇒鯖江の住宅に男侵入、女性殴り逃走

 事件の発生は日没ごろだった。近くの60代男性は「サイレンの音がして火事かと思ったら、強盗が入ったと聞いて現場に駆け付けた。女性の叫び声がした、と聞いた」と驚いた様子。70代女性は「犯人が逃走中なのでとても怖い」と不安げな様子で話した。

 中学生と小学生の子を持つ母親は、同町内の子ども会の連絡網で事件を知った。「さまざまな情報が飛び交い、みんな不安がっている。早く犯人が捕まってほしい」と一刻も早い事件解決を望んだ。

 市は午後8時55分ごろ、市内にある全40カ所の防災行政無線で事件発生を伝え、「犯人は逃走中です」と外出を控えるよう呼び掛けた。

関連記事