衝突事故があった現場=5月23日午前9時50分ごろ、福井県福井市大宮2丁目

 福井県福井市内で5月、乗用車を運転中に衝突事故を起こし相手の女性にけがを負わせ逃げたとして、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕、送検された同市、福井放送元社長の坪田清則容疑者(87)について、福井県警福井署は6月4日までに自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で追送検した。捜査関係者によると目撃者の証言などから、現場の交差点で坪田容疑者側の信号が赤だった疑いがある。

 事故は5月22日午後3時55分ごろ、同市大宮2丁目の国道416号の交差点で発生。坪田容疑者は西進、同市内の40代女性の軽自動車が南進していた。女性は首に軽いけがを負った。

 同署によると、事故後は双方とも「信号は青だった」と話していた。坪田容疑者の車の運転席側のドアに衝突した跡があった。

 坪田容疑者は、福井放送の非常勤取締役最高顧問を5月27日に辞任している。
 

関連記事