春季北信越高校野球大会決勝・敦賀気比―星稜 4回裏敦賀気比2死二塁、星稜の奥川恭伸から先制打を放った木下元秀=6月4日、富山県富山市民球場

 第140回北信越地区高校野球大会は6月4日、富山県の富山市民球場で決勝戦を実施。敦賀気比(福井2位)と星稜(石川1位)との対決は五回を終えて、敦賀気比が1-0とリード。四回に星稜のエース奥川恭伸から先制点を奪った。

 星稜の先発は6月1日の初戦以降、登板機会がなかった奥川恭伸。中2日の登板で、三回までヒット1本に押さえ込まれていた敦賀気比打線だったが、四回に中前打の中川宙の二塁に送り2死二塁のチャンス。ここで4番打者の木下元秀が左中間へ適時三塁打を放ち、先制点をものにした。

 敦賀気比の先発笠島尚樹は五回までに2度、ノーアウトから走者を出したが、ここまで無失点。前日の日本文理戦に登板した疲れを感じさせないピッチングで、星稜打線に得点を許していない。このまま逃げ切りなるか。六回以降の試合展開に注目が集まる。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊フルプランのほか、D刊速報サービス「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

関連記事