北信越地区高校野球大会準決勝・日本文理―敦賀気比 1回表敦賀気比先頭打者の大島正樹が右中間に三塁打を放ち攻撃の口火を切る=6月3日、富山県の富山市民球場

 【春季北信越高校野球大会準決勝・敦賀気比8-3日本文理】敦賀気比の投打がかみ合った。初回、1年の先頭大島正樹が三塁打で出塁すれば、三回には3年御簗龍己が試合を決定づける3点適時打。守っても豊富な投手陣を投入し反撃を抑え、快勝で決勝に名乗りを上げた。

 初回、先頭大島が口火を切った。福井県大会では打席に立つことはなかったが、今大会、1年生ながら1番打者を任された。「打ってやるという気持ちはあった」。1番打者として「打てることはもちろん、相手に打つイメージを与えるよう」意識しているという。

 1年が活躍すると、8番打者の3年御簗も気を吐いた。安打、死球などで2死満塁に左越えに長打を放ち、走者一掃。「上位から下位まで得点できる」との前評判通り、下位打線のバットが試合を決めた。

 投げては2年生の継投で反撃を抑え込んだ。1回戦で完封した笠島尚樹は五回まで投球し、相手打線をわずか2安打に抑えゲームをつくった。八回のピンチでは松村力が登場。前日の準々決勝では、本塁打を打たれ1イニングのみの登板だった。松村は次打者を2連続三振。続く九回は安打を浴びながらも本塁は踏ませなかった。

 4日はいよいよ決勝。相手の強豪星稜に対して「点数はとれないと思う」と東哲平監督。準決勝は4つの失策をつけただけに「今日のようにバタバタしていては駄目」だが「現状でどこまで食らいついていけるかの勝負」と次戦に狙いを定めた。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊フルプランのほか、D刊速報サービス「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

関連記事