北信越地区高校野球大会準決勝・日本文理―敦賀気比 1回表敦賀気比無死三塁、中川宙の適時打で生還した大島正樹(8)を祝福するナイン=6月3日、富山県の富山市民球場

 第140回北信越地区高校野球大会は6月3日、富山県の富山市民球場で準決勝が行われ、敦賀気比(福井2位)は日本文理(新潟1位)を8-3で破り、決勝進出を果たした。決勝戦は6月4日午前10時からで星稜(石川1位)と戦う。

敦賀気比
303 010 010…8
000 000 300…3
日本文理

■敦賀気比 笠島尚樹、岩田優世、松村力―御簗龍己、島原大河
■日本文理 池田真士、安城健汰、渡邊京、長谷川優也―佐藤魁星

 敦賀気比は初回、先頭の大島正樹が右中間へ三塁打を放つと、続く中川宙も中前へ運び1点先制。さらに1死満塁から敵失、長濱慶太の左前適時打で2点を加えた。三回には木下元秀、高原秀郎の連打、死球などで2死満塁とすると、御簗龍己が走者一掃の左越え適時二塁打を放ち、6-0と突き放した。

 先発した笠島尚樹は安定したピッチングで連打を許さず5回を無失点に抑えた。8-3で迎えた八回、1死満塁からマウンドを託された松村力は打者2人を三振に取り、日本文理の反撃を許さなかった。

 準決勝のもう一試合は、星稜(石川1位)が富山第一(富山2位)を5-2で破り、決勝に駒を進めた。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊フルプランのほか、D刊速報サービス「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

関連記事