FC北陸―福井ユナイテッドFC 後半、シュートを放つ福井ユナイテッドの石塚功志(左から3人目)=石川県の北陸大フットボールパーク

 サッカー北信越リーグ1部は6月2日、各地で第4節4試合が行われた。福井県勢は福井ユナイテッドFCがFC北陸(石川)に7―0の大勝を収めて開幕4連勝し、得失点差で首位に返り咲いた。坂井フェニックスは最下位上田ジェンシャン(長野)に1―4で敗れ、2連敗。順位は4位と変わらず。

 福井ユナイテッドは前半、いずれもCKからMF福田航太、FW山田雄太が頭で合わせ2点先行した。後半、MF石塚功志が2得点するなど4分間で3点加えて勢いに乗り計5得点。山田は今季2度目のハットトリックを達成。押し込まれた場面もあったが4戦連続で無失点に抑えた。

 坂井は前半序盤、立て続けに失点し苦しい展開。34分にDF増田和馬のアシストでMF中嶋峻也が1点を返した。追いつきたい後半、互いに無得点の時間が続き、終盤にCKから失点を許すと終了間際にもう1点失い、力尽きた。

 次戦は9日、福井ユナイテッドと坂井が坂井市のテクノポート福井スタジアムで対戦する。

関連記事