春季北信越高校野球準々決勝・敦賀気比―高岡第一 今年初登板した敦賀気比先発の木下元秀=富山県の高岡西部総合公園野球場

 【春季北信越地区高校野球大会準々決勝・敦賀気比5ー3高岡第一】敦賀気比の木下元秀が2018年秋の福井県大会ぶりに登板、勝利に貢献した。18年の夏の甲子園では先発を務めたが秋に、ひじに故障を負ってからは野手に回っていた。久しぶりのマウンドに「昨晩、楽しみで寝られなかった」と会心の笑顔をみせた。

⇒北信越大会の組み合わせ表はこちら

 初回、3人続けて三振に打ち取る好発進。四回までマウンドに立ち、毎回、走者を4人以下に抑えた。本来の力からみれば「50%の出来」としたが、持ち味の制球がよく、相手にフルスイングをさせなかった。

 久々の投球を振り返り修正点として挙げたのは、たまに抜ける変化球と、投手としての体力。特に体力面が万全ではないらしく「四回から球速が落ちてしまった」という。夏に向けて「九回まで全力で投げられる体力をつけたい」と意気込んだ。

 木下に続いたのは、松村力、岩田優世の2年生たち。前日の笠島尚樹に続き、2年生投手がチームを支えた。六回から登板した岩田は六~八回を三者凡退とする好投ぶりだった。

 ただ九回に失策、四球などで走者を出し、二塁打を打たれ2点を献上。2点差に迫られた。「力が入ってしまい焦った」が「ベンチからの声に助けられて投げることができた」(岩田)。先輩の好投に応え、後続を凡退に切り取り勝利をものにした。

■6月3日、準決勝2試合

▽富山市民
星稜―富山第一(午前10時)
敦賀気比―日本文理(午後0時半)

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊フルプランのほか、D刊速報サービス「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 

関連記事