第140回北信越高校野球第1日・敦賀気比―日本航空石川 被安打4、無四死球で完封した笠島尚樹=6月1日、富山県高岡西部総合公園野球場

 【春季北信越地区高校野球大会1回戦 敦賀気比1-0日本航空石川】1―0の厳しい接戦を投げきった2年生笠島尚樹。三塁に走者を進められるピンチもあったが「きょうは集中を持続でき、思い切り投げられた」と不安はなかった。先輩と投の主軸を担うだけに「自信になった」と満足そうな笑顔を見せた。

⇒北信越大会トーナメント表

 日本航空石川の打線を相手に「(相手が)振ってくると聞いていたので、バッターの狙いを外すことを意識した」と話す。真っすぐ投げた後に、コースをずらすなどして相手に狙い球を絞らせなかった。

 最大のピンチを迎えたのは五回。二死走者なしから三塁打を打たれた。バッターボックスには2番手投手。三回からマウンドに立ち、気比打線を苦しめた相手だ。

 「投手だったので三振を取って焦らせたかった」と笠島。1ボール2ストライク。この場面で投げ込んだのは、外めの真っすぐ。相手は反応できず、みごと見逃し三振に打ち取った。

 東哲平監督は「今回は本当に笠島のおかげ」と話す。一方の打線については「甘い球を逃していた」。相手投手の切れのある投球をなかなか攻略できなかった。「夏までには打撃陣が奮起してくれれば」と注文をつけた。

■北信越高校野球大会・第2日

▽富山市民
東海大諏訪―星稜(午前10時)
富山第一―福井工大福井(午後0時半)

▽高岡西部
日本文理―富山国際大付属(午前10時)
敦賀気比―高岡第一(午後0時半)

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、北信越地区高校野球大会の全試合、全打席を有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊フルプランのほか、D刊速報サービス「fast」単独プランでも全打席速報を閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

関連記事