石川―福井 五回裏のピンチに先発の望月嶺(左から4人目)の下へ集まる福井ナイン=石川県の金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは5月29日、石川県の金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦し、3-7で敗れた。通算成績は8勝16敗2分けで、順位は西地区4位。次戦は31日、京都市のわかさスタジアムでオセアン滋賀ユナイテッドBCと戦う。

福井
000 003 000…3
021 040 00x…7
石川

 【評】福井は好機に一本が出ず攻めあぐんだ一方、石川には着実に加点され3-7で敗れた。

 福井打線は一~三回、四球などを足場に走者を出したが得点につながらなかった。0―7で迎えた六回、先頭須藤優太がソロ本塁打で1点。続く清田亮一が死球で出塁すると、筒井翔也、石井建斗の連続安打などで2点を追加した。七回にも1死満塁と追撃の好機を得たが、後続が連続三振した。

 先発望月嶺は二回、3安打で2点を奪われると、三回にも1死満塁に犠飛で1点を加点された。五回には長短5安打を浴び4得点され突き放された。六回からは松永忠、塚田貴之と継投し無得点に抑えたが、打線の援護がなかった。

関連記事