激しく炎を上げて燃えるビル(右)=5月28日午後7時55分ごろ、福井県小浜市塩竈

 5月28日午後7時半ごろ、福井県小浜市塩竃の鉄筋4階建てビルから出火、南隣の鉄骨2階建て倉庫と合わせて2棟を全焼、さらに倉庫の南隣の木造2階建て住宅を半焼し、約2時間半後に消えた。出火当時、ビルにいた人は全員逃げ出して無事だった。小浜署などが原因を調べている。

 現場は市中心部の「まちの駅」から約200メートル北側の住宅密集地。同署と近くの住民らによると、ビルの1階が喫茶店で、2階以上に人が住んでいた。倉庫は出火当時無人だった。住宅は空き家という。

 現場は消火作業を見守る住民で騒然となった。消火作業中、ビルの一部がガラガラと音を立てて崩れ火の粉が舞い上がった。現場一帯が白い煙に包まれ、住民から大きなどよめきが上がった。

 近くに住む女性(75)は「ドンという爆発したような音が聞こえた。外に出ると、ものすごい勢いで燃え上がる炎が見えてとても怖かった」とおびえた様子で語った。

関連記事