ランドセルや学生服の販売を通じ、青少年の育成にも携わりたいと語る山耕の山田耕一郎社長=福井県越前市村国1丁目のイクラボ武生店

 落ち着いた店内にずらりと並ぶランドセル。“工房系”と呼ばれる職人手作りの高級モデルが看板商品だ。学生服製造・卸を生業にする山耕(福井県越前市小松2丁目)が、4年前に異業種ともいえる小売り分野に進出、福井市内にオープンさせた福井県内初のランドセル専門店「イクラボ」。子育て(イク)の研究所(ラボ)という意味を店名に込め「いつの日か、子どもたちが遊んで学べる施設を造りたい」と4代目社長、山田耕一郎さん(46)の夢は膨らむ。

⇒【連載】福井の事業承継_たくすつなぐ

 ■少子化に危機感

 山耕は山田さんの曾祖父が1933年に創業した。「小さい頃から祖父母も両親も一緒に働く姿を見てきた。息子は自分一人。自分が継ぐものと考えていた」と山田さん。98年に入社し、学生服の県内シェア拡大に取り組み、2010年社長に就任した。

 事業を承継したものの「少子化が進み、利益が出なくなってきた。学生服一本では難しい」と、先行きに危機感を抱いていた。現状を打破しようと「直接、消費者のニーズを吸収して制服の価値を高めたい」と小売業への進出を決めた。

関連記事