自転車の欧州三大ロードレースの一つでイタリア伝統のジロ・ディタリアは25日、サンビンセントからクールマイユールまでの第14ステージ(131キロ)が行われ、リカルド・カラパス(エクアドル)が制し、総合でも首位に立った。初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)はステージ144位で総合は149位。(共同)

関連記事